東京ぶらぶら旅二日目。

インタースタイル見学のために二日間丸々時間をとっていたものの、あっけなく見終わってしまいポッカリ時間の空いた二日目。特典航空券は前日までしか時間変更ができないため、夜20時近く発の飛行機の時間まで当てもなくノンビリ過ごすことにしました。

品川駅アトレのフードコートで朝飯を済ませてからホテルをチェックアウト後、お土産調達に丸の内の「エシレ・メゾンデュブール」へ。開店直後の10時過ぎに到着したにも関わらず、既に店の中には10人ほど、店の前には30人ほどの行列が。ビル風も強くて寒空の下震えながら45分ほど並び、サブレを買って店を出るまできっかり1時間掛かりました。ちなみにクリームの半量がエシレのガトー・エシレは10時半には売り切れてました。恐るべし。

f:id:ko-c:20190214105808j:plain

その後は銀座ぶらぶらして日産とソニーのギャラリー見たりしつつ、お昼近くなったので日比谷にあるタイ料理シャムでランチ。パッタイはデザートと食後のコーヒーも付いて1千円ほどとお得なのでランチビールも追加。付け合わせのタイ風春雨サラダが美味かったなー。鶏挽肉と春雨、玉ネギ、青ネギに辛酸っぱい味付けが良い感じでした。

f:id:ko-c:20190214120637j:plain

何気なく映画でも見ようかと調べてみると、日比谷ミッドタウン内にあるTOHOシネマで観たいと思っていたボヘミアン・ラプソディーIMAX上映してて、しかもTOHOシネマズデイで1,100円+IMAX追加料金500円とお得になっていたので15時の回をさくっとネット予約して高画質&高音質で満喫しました。でも世間で騒がれているほど内容が良かったかと言うと個人的には。。もう少しフレディの苦悩やメンバー同士の絆がしっかり描かれていると良かったのかなーと。でも2時間少々の枠ではそれも難しかったのかな。なんだかラストのライブ・エイドを魅せたいがためのストーリー展開というか。それよりもオリジナルのライブ・エイドの映像をIMAXで観たくなりました。やっぱクイーンの音楽良いね。あとブライアン・メイがそっくり過ぎ。チケットは葛城ユキ的な感じですけど。

f:id:ko-c:20190214145211j:plain

17時半過ぎの映画終了から羽田空港に移動すると丁度良い時間。ラウンジで崎陽軒シウマイ弁当食べてコーヒーブレイクすると搭乗時刻となり機上の人となりました。

f:id:ko-c:20190214185536j:plain

f:id:ko-c:20190215140359p:plain

インタースタイル見物のはずが食い倒れメインの東京旅一日目。

仕事も都合付きそうだったので特典航空券とプリンスポイントを交換した宿泊券を使って一泊二日でインタースタイル見に行ってきました。

初日は羽田空港から京急バスパシフィコ横浜へ直行。気になるブランドのウェアを着倒しつつ、いろいろチェックするつもりが2時間ほどで会場見尽くしてしまいました。。グリーンクロージングのブースでは社長の田口さん直々にかなりの時間説明していただいて有難い限り。

f:id:ko-c:20190214081737j:plain

お隣で同時開催のジャパンスノーエキスポに出展しているブランドも多数あることを知らず、こちらは業者のみ内覧可能ということでインタースタイルの後は横浜中華街まで歩いてランチタイム。昨年11月にも食べた萬珍楼の豚まんと、以前から食べてみてかった蘭州ラーメンの店があったので入店。牛骨スープにスパイスとパクチーの風味、それに注文してから作る打ちたて柔らかめの麺が特徴の蘭州ラーメンは癖になる味でした。

f:id:ko-c:20190213132046j:plain f:id:ko-c:20190213133917j:plain

横浜中華街でのランチの後は、今夜泊まる品川プリンスホテルにチェックインして小休止。予約時点では16階の部屋と言われてたけど23階の部屋になってました!でも眺望は駅側だったら良かったんだけど残念ながら逆側でした。

f:id:ko-c:20190213145931j:plain f:id:ko-c:20190213145922j:plain

小休止の後は神田に行って更にいろんなブランドのウェアを試着。サイズ感ってブランドによって違うから実際着てみないとね。

夜は品川駅港南口のディープゾーンにある「もつ焼きマーちゃん」で、モツ焼きとホッピーを堪能。串は一本120円でお会計は2千円ほど。ついでに近くにあった有名店の「お好み焼ききじ」で牛スジモダン焼きもいっときました。きじのお好み焼きは初めてでしたが、確かに美味いんだけどわざわざ行く程ではなかったかな。

f:id:ko-c:20190213195026j:plain f:id:ko-c:20190213192034j:plain f:id:ko-c:20190213203357j:plain

ホテルに戻ってからは風呂でまったり。明日につづきます。

【シーズン滑走日数:7日目】高速カービング祭り@アロナイ

今朝はたいらで20cmほど積もったものの朝から穴水のジャンボかき祭りに行く予定が入っていたため滑りに行けず。会場があすなろ広場になってから初めて行ったけど、朝9時の時点で既に満席気味。立ち食い席のコンロに空きを見つけて牡蠣やら海鮮を焼いて楽しむことに。火力も強くてすぐ焼けるんだけど、焼けたらスタッフの人に焼けてますよーとか言われて何だか忙しない感じ。まぁ客の回転上げるために火力も強くしてるんだろうけど、お店で食べるか、自分で屋外でコンロ置いてやったほうがノンビリできて良いね。

f:id:ko-c:20190210094039j:plain

日中もいろいろ用事を済ませていたけど気温も低く好条件のバーンが期待できたのでアロナイへ。ナイター券は5時開始かと思って早めに到着したら5時半開始ということでゴンドラの列に並んで暫し待機。ゴンドラ運行開始時には上部ゲレンデに掛かっていた霧も晴れ、綺麗にピステンのかけられた上部ゲレンデはエッヂも噛んでフライフィスクでの高速カービングが気持ち良い!ゲレンデ中部もナイター前の整備が入らないとはいえ比較的唐突の少ない状態で、上部リフトを交えつつのゴンドラ回しで滑走。でも流石に下部は日中に溶けた雪が固まってカチカチ気味でした。

f:id:ko-c:20190210193733j:plain

パイプで当て込んだりゲレンデ中盤のバンクで360度ターンの練習したりしながら19時半過ぎまで滑って良い感じに脚が疲れ始めたところで滑走終了とし、帰りは「ぬく森の郷」の露天風呂でまったり。冬場は営業時間が21時までだったので丁度良いタイミングでした。しかし気温低くて露天風呂はぬるかった。。

f:id:ko-c:20190210204715j:plain

アラパウ所感、というか備忘録。

さて、今年のチームツアー別動隊で15年振りぐらいに訪れたアライですが、当時からパウダー好きには有名なスキー場だったものの、長きに渡る閉鎖から復活し、ロッテが運営するようになってからは初の訪問となりました。

今回滑ったコースの印象をメモしておきます。

 

【船石】

V字地形のオープンバーンがあるので、リフト右側からだと小屋のある丘からのエントリー、もしくはリフト左側からだと暫く尾根沿いに降りたところから降りる面がオススメ。

f:id:ko-c:20190202090428j:plain

 

【ヘブンリープレイス】

斜度緩めでツリーラン系。でも抜けてからリフト乗り場に戻るベンザク左手の地形は面白かった。

 

【大斜面】

アライの一番の売りである大斜面。下部狙いで移動しようとすると雪崩管理のためカーブ手前で暫く待機。規制解除後、沢を越えてトラバース掛けた先に待っていたボウル地形のオープンバーンは最高!大毛無山へハイクすれば小毛無山へ続く稜線からそのままアクセスできる位置なので早めに狙うのが良さげ。特に右手の北面は雪も日照の影響受けにくくオススメ。

もっと奥まで進めば急斜面など複雑な地形もあるものの、とにかく滑れる面が広大過ぎてヤバイ!大毛無山にハイクする人の列はニセコアンヌプリを彷彿とさせる光景でした。

f:id:ko-c:20190202105517j:plain

f:id:ko-c:20190202110602j:plain

f:id:ko-c:20190202110848j:plain

f:id:ko-c:20190202111901j:plain

f:id:ko-c:20190205133310j:plain

f:id:ko-c:20190205133416j:plain

f:id:ko-c:20190205133433j:plain

f:id:ko-c:20190202134344j:plain

 

【ワセ】

既にボコボコだったので何とも。。

 

マムシ

ここも既にボコボコだったので何とも。。

 

【ヴィレッジロード】

日照と気温上昇で妖怪板つかみが発生し、びっくりするくらい板が走らず苦戦。ゴンドラ中間駅の六本木ステーション(通称ギロッポン)からゴンドラで下山が賢い選択。

 

あと昼飯は麓のヴィレッジステーションで食べたけど、どのメニューも値段高め、というか高い。ラーメンで1400円からだし。ヴィレッジバーガー1200円を食べたけどバンズがベーグルで固い。でも付け合わせのポテトとオニオンリングもボリュームたっぷりなので納得感がない訳ではないかな。

f:id:ko-c:20190202121926j:plain

総じてお金のかかるスキー場ではあるけれど、視界のある日に(ここ重要)パウダー当てられるなら行く価値は絶対にあるスキー場だと思いました。

【シーズン滑走日数:5&6日目】チームツアー2019@アライ→アカカン

今週末に開催となった今年のチームツアーは職場のスキー旅行にのっかる形で赤倉へ。しかし赤倉で二日とも滑る気にはなれなかったので有志で別働隊を結成。泊まるところは同じ赤倉温泉の宿を確保しつつ、初日は別のゲレンデを滑る計画としました。 別働隊はまつさん、タムに俺とNくんの4名で結成。朝5時集合で金沢を出発し、移動中の車内で情報収集しながらパウダーが狙える行き先を相談した結果、昨日一部コースが強風のため閉鎖されていたアライへ行くことに決定!閉鎖前に行って以来だから15年振りくらいの訪問です。 順調に高速を走り8時前にはアライの日帰り用駐車場に到着。準備をして6000円もする一日券を買って運行前のゴンドラ乗り場に向かうと既に100人ほどの列が。ちなみにあと2000円高いファーストクラス一日券を買うと一足早くゴンドラに乗れたり、各乗り場の優先レーンが使えるそうですが、庶民はエコノミークラスで我慢です。 f:id:ko-c:20190202130014j:plain f:id:ko-c:20190202083624j:plain 運行開始となったゴンドラとリフトを乗り継ぎゲレンデ上部の管理区域へ。クリーミーなパウダーでそこそこトラックが入っているものの板がとられる様な雪質ではないのでガンガン攻める!詳しくは別記事で書くけど、木の密度も気になるほどではないし、広大な斜面のほぼ全てが滑走可能といった感じで、来る人とタイミングを選ぶ、かなり特殊なスキー場といった趣き。リフト券が高いのも火薬使った雪崩管理のパトロールの手間を考えれば納得。滑っている間も各所でバンバン炸裂音が響いてました。でもこれで去年みたいに午前券とかあれば最高なんだけどね。 f:id:ko-c:20190202111844j:plain リフト代の高さにつられて荒れ荒れになったゲレンデを15時ぐらいまで滑ってから、本日泊まる赤倉温泉の「ホテル金甚」へ下道で移動。宿の源泉掛け流しの温泉にさくっと入ってビール飲んだら17時半となり晩飯へ。晩飯も思った以上に充実の内容でした。 f:id:ko-c:20190202171605j:plain f:id:ko-c:20190202174602j:plain f:id:ko-c:20190202180518j:plain 晩飯後に部屋で軽く休むつもりが同部屋のメンバー全員で爆睡してしまい、途中で目が覚めた俺だけ宴会部屋に行って久々のセブンツーメンバー飲みを満喫。ほどほどの時間には部屋に戻って就寝となりました。 翌日は他のメンバーと一緒にアカカンで滑走。天気は快晴でカービング日和なんだけど、すること無くなり12時過ぎには滑走終了。 f:id:ko-c:20190203104048j:plain 夕方発の職場ツアー参加メンバーとはここで別れて、昼飯は銭形新井店でとんかつ定食並を注文。でも去年行った高田店の方が肉もしっかりしていて美味かったな。メニューの多さ含め、行くなら高田店の方が絶対オススメ。 f:id:ko-c:20190203134718j:plain その後は道の駅あらいでお土産買って、そのままスマートICから高速乗って帰路へ。珍しく横風も穏やかで17時前には金沢到着。無事ツアー終了となりました。

【シーズン滑走日数:4日目】カービング日和@アローザ

昨日の日中は降雪、夜は冷え込み、今日は朝から晴天予報だったので、これは締まった向き合えるバーンになるだろうと思い、日曜に乗れてなかった板のセッティング出しも兼ねてアローザへ。パウダー狙いでもないので、ゆっくり目に家を出たら9時過ぎ到着となってしまい、朝イチの一番美味しい時間帯を逃してしまいました。。 アローザはクレジットカードでリフト券購入可能で窓口にはVISAとMASTERCARD、IDのロゴしか出てないけどJCBも使えました。4時間券を購入してゴンドラに乗り、まずはフライフィスクのセッティング出し。いろいろセッティング変えながらゴンドラ廻しで高速クルージング。出遅れたとはいえ、雪面もそれなりに向き合える状態で、2時間ほど滑ったら良い感じのセッティングが出ました。今日はほんと良い天気で山頂からは剣岳立山三山がバッチリ見えました! f:id:ko-c:20190130112154j:plain f:id:ko-c:20190130112200j:plain この頃には気温の上昇とともに雪もかなり緩み始め、板をヘッドのザ・デイに交換してセッティング出し。それでも1時間ほど滑って、計3時間をゴンドラ廻し休憩なしで滑り、程よく疲れて空腹となったところで本日終了としました。 帰りは気になってた法林寺温泉へ。 f:id:ko-c:20190130125225j:plain f:id:ko-c:20190130132120j:plain 日帰り入浴は夜9時までやってて500円。車降りた瞬間から香る軽めの硫黄臭にハートをがっちり掴まれて館内へ。源泉掛け流しの内湯の湯船は深さが二段構成で、深い方は空気椅子状態で肩まで浸かるぐらいの深さで心地良し。露天風呂もあったけど2人入れば定員となるぐらいの大きさなので内湯メインでまったりしてから家路につきました。

【シーズン滑走日数:3日目】板も気分も乗れてない@たいら

今回の寒気流入による降雪は土曜に日付が変わったあたりから積もり始め、降雪予想どおり30cmほどの積雪が。

昼間もぼちぼち降り続けていたのでアロナイに行こうかと画策していたものの、家庭の事情で出掛けられなかったので、テレビで全豪オープン決勝を観戦。ま、大坂なおみの優勝シーンが観られたのでそこは結果オーライとしときましょ。

ということで日曜は朝イチ狙いで滑りに行こうと朝7時過ぎに家を出たものの、行き先をどこにするか悩む。たいらは大会でスカイラインコース全面規制、セイモアは融雪後の積雪量に不安があり、一旦はセイモアに向かったもののラプがクローズのままの可能性が捨て切れなかったため、小柳の交差点で引き返し、たいらへ行くことに。後でセイモア行ってたまつさんから入った情報では、やっぱりラプはクローズとの事でした。 f:id:ko-c:20190127234014j:plain

しかし決断が遅かったため、たいら到着は8時40分となり、車から降りた瞬間に面ツルのダイナミックコースを喜声あげながら降りてくる大集団が視界に入ってきた。。日曜で人も多く、準備を整えてリフトに乗った頃には既にギタギタ。。

f:id:ko-c:20190127085926j:plain

折れそうな心をなんとか持ち直して斜面にドロップすると底付きする場所もあるものの板の走るパウダーでファースト逃したのが悔やまれる。しかも山頂からのパウダーコースにも何故だか圧雪入ってて、気持ちも乗らず板にも乗れてなくてテンション上がらず。 f:id:ko-c:20190127091632j:plain 終いにはダイナミックコース脇のパウダーゾーンでモーグルの集団がジャンプ台とランディング制作まで始めたので10時過ぎにはスキー場を後にしました。これだけ滑れる場所なくすのなら午前券も500円引きじゃなく半額にしても良いんじゃないかなー。

帰路は山本屋で固豆腐と厚揚げ買って、福光のジェラテリアズッカでクルミ味噌とチョコレートのジェラート食べて帰宅。

f:id:ko-c:20190127103352j:plain f:id:ko-c:20190127111419j:plain

暫く寒気入りそうなので来週末のチームツアーに期待です。